添加物に注意

子猫に食べさせたいキャットフード

子猫のときは成長にもっとも必要な栄養を摂取しないとならないときですので、常にえさを食べれるような状況にしてあげることが大事です。
また子猫によっては免疫力や、食べる際に戻してしまう子猫ちゃんが非常に多いです。
その場合はドライフードではなくウェットフードや缶詰タイプを上げるのですが、注意が必要です。
缶詰の場合だと食べやすいが下しやすいです。

つまり免疫力が弱い子猫は缶詰は食べれるけれど、お腹を下しやすくて結果としてあまり良い状態にならないのです。
その際は獣医にみてもらって抗生物質の薬をえさに混ぜて与えると直ぐに良くなるので安心して下さい。
ドライフードに少し混ぜてやわらかくすること、その際缶詰を八等分して与えると良いでしょう。
子猫にキャットフードを与える際は少しずつ馴染ませる事も忘れないでください。

最初から食べるのならいいですが、食べない場合は缶詰を上手く活用するとよいでしょう。
食べさせすぎは猫ちゃんにも良くありませんので気をつけてください。
水は常に綺麗で新鮮なものを与えてあげて下さい。

成猫になるにつれてえさの時間や調整をしっかりとするようにはしますが、子猫の間は栄養確保が大事ですので、比較的何度も食べれるような状態にしてあげてください。
また、このときはえさを食べた後の状況や状態、排泄物についても監視をしておくことが良いでしょう。
排泄物の状態によっても体調を判断できます。

またくしゃみや、目やに、鼻水に色がついている場合は免疫力が低下している状態なので部屋を綺麗にしてあげること(トイレも含めて)、空気清浄機をおいてあげると以外にそれも止まるようになります。
こういうときに普段気にしないかもしれないですが空気清浄機って役立つので覚えて置いてください。
猫の体調をしっかりと管理して栄養のある食事環境を常に整えてあげるのが飼い主の役目です。

子猫は特に体調管理が難しいときでもあります。
健康な状態もあればそうでない場合もありますので、しっかりと見てあげて下さい。
参考にしてみてください。

Copyright(C) 2013 体にいいフード All Rights Reserved.