添加物に注意

話題のキャットフード、一挙公開!

話題のキャットフードというとやはり、無添加が一番大事になってきます。
キャットフードの安全を考えるのなら一度キャットフードの成分をしっかりと理解しておかないとなりません。
入っていてはいけないもの、着色料、香料、防腐剤です。
これらは必ず確認してください。

次はそれ以外の添加物で最も注意が必要なものです。
エトキシン、エトクシン、エトキシゾールです。
BHA、BHT等も成分に記載されていたら絶対に買わないで下さい。

これらはペットの寿命を縮めてしまうものです。
全く良いものではありませんので気をつけてください。
そしてキャットフードの成分が分かるようになれば、無添加がどれだけ安心で話題になるかというのが理解できます。
無添加というのは安全で良質の自然本来のフードで作られています。

まずこれらが何故安全化というと、100%を通り越して200%原材料や成分表に正しく記載されているということです。
普通はあまり原材料までは記載しないのですが、良心的で安全な所は情報を公開してくれています。
次は無着色、無香料、保存料もなしです。
これらはネコの健康のためには最も大事です。

だからと言ってメーカーのえさが全て悪いというわけではありません。
危険かどうかについての話なので勘違いなさらずに。
さて、この保存料や無着色とありますが、折角良いものを購入しても保管の仕方が悪ければ結果としてネコに害を与えてしまいます。

保存料や、酸化防止剤が入ってないということは自然の食品で痛みやすいということです。
つまり肉でいえばたんぱく質が腐って腐敗するようにおいの状況と同じになるということです。
幸いペット関係のフードはドライが多いのでこのように感じないかもしれませんが、高たんぱくなものは腐敗しやすいので注意が必要です。

えさを与えたら直ぐに密閉すること、また空気を出してしっかりとクリップで留めるなどの工夫をして下さい。
これでキャットフードの安全がより守られます。
ネコにとってもえさはとても大事です。
長生きさせてあげれるように、しっかりとキャットフードについて考えてください。

Copyright(C) 2013 体にいいフード All Rights Reserved.